東京の建築学校おすすめ15選を【費用・カリキュラム・口コミ】まで徹底比較で紹介!

東京日建工科専門学校の口コミや評判

東京日建工科専門学校の画像
建築学校は、現在日本にさまざま存在しています。そのため、いざ建築を学びたいと思ったときには「どこに入学すればいいの?」「何を決め手にするべきなの?」などと迷ってしまう方もたくさん出てくることが予想されます。今回は東京でそのようなお悩みを抱えている方のために、東京日建工科専門学校の特徴と魅力についてご紹介します。

【東京日建工科専門学校】のHPを見てみる

東京日建工科専門学校の建築系学科情報

東京日建工科専門学校の画像

東京日建工科専門学校は、日本最大の建築士の養成校として知られています。日建グループは全国に展開しており、日建工科専門学校グループだけでも7校存在します。建築士の合格者占有率はナンバーワンとなっており、2級建築士の合格率も抜群です。オリジナルの教材やサポート制度で合格を支えてくれますので、資格取得に強い建築学校を探している方でも満足できる特徴を備えているといえるのではないでしょうか。そんな東京日建工科専門学校には、多くの建築系学科があります。まずはそのそれぞれについて解説をしていきましょう。

建築設計科

建築設計科は、2年をかけて建築の基礎から学んでいくコースになります。卒業すれば2級建築士の受験資格を得ることができます。2級建築士試験合格を目指しバランスのいい建築知識をつけていくことが可能ですので、初心者でも安心です。これからのキャリアとして建築士を考え始めた社会人経験者の方なども多く通っていますので、希望する職種のある方は目標資格などと照らし合わせて是非検討してみてください。

建築インテリアデザイン科

建築インテリアデザイン科は、2年をかけて建築とインテリアのプロになることを目指す学科です。デザイン力、コーディネート力は勿論のこと、少人数制ですのでプレゼンテーション力まで身に付けることができます。色彩学などの授業もあり、カラーコーディネーター試験への対策授業も充実しています。講師陣には活躍中のプロが在籍している点も魅力的ですね。

建築大工科

建築大工科は、設計とともに大工の技術を身に付けられる2年間のコースです。実践を通して技術を学んでいけますので、卒業後は即戦力となることにも期待ができます。建築大工技能士という国家資格を、在学中に対策しつつ受験できることも嬉しいポイントといえるでしょう。一流の講師陣が分かりやすく解説を行ってくれますので、初心者でも当然安心です。

建築設計研究科

建築設計研究科は、2級建築士の受験資格を取得している方を対象とした学科です。1年間で2級建築士の資格取得を目指します。学科は勿論、設計製図の対策も行ってもらえますので、確かな合格実績を持つ学校でサポートを受けたいという方におすすめです。

建築士養成科(通信制)

建築士養成科(通信制)は、建築の基礎から2級建築士試験合格を目指して勉強できる通信制のコースです。大学に行きながらや働きながら資格を取得したいという方によく選ばれています。社会人の方のステップアップにもうってつけかもしれませんね。

建築CADビジネス科

建築CADビジネス科は、留学生が対象の学科です。建築とCADの知識をつけるとともに、就職などにも役立つパソコンの実習を受けることができます。卒業すれば2級建築士の受験資格まで得ることが可能です。クラス担任制で卒業までサポートしてもらえますので、さまざまな相談などもしやすい環境に身を置くことができるようになるでしょう。

東京日建工科専門学校の就職実績

東京日建工科専門学校の画像

東京日建工科専門学校は、就職の面でも魅力を有しています。就職支援が大変充実しており、内定率は何と過去36年間に渡って100%を維持し続けているのです。将来のキャリアに関して不安を抱いている方も、安心して勉学、そして就職活動に臨むことができそうですね!就職内定率100%を可能にしているのは日建工科専門学校への求人情報、日建工科グループ7校への求人情報、全国110校の日建学院ネットワークがあるためです。情報力・サポート力・指導力の全てを兼ね備えたスタッフが万全の体制で支えてくれる点も見逃せません。公式ホームページでは建設会社や設計事務所などさまざまな企業への就職実績も公開されていますので、気になる方はそちらも確認して検討の要素にしてみてください。

東京日建工科専門学校の学費

東京日建工科専門学校の画像

建築学校を比較していく上では、学費の問題も大きなポイントとなってくるでしょう。ここでは、それぞれの学科の学費についても押さえておくことにします。建築設計科と建築インテリアデザイン科、建築大工科の学費は全て同じになっており、2年間のトータルで2058万円です。建築設計研究科は2級コースの1年次が110万円、1級コースの2年次が95万円となっています。建築士養成科(通信制)は2年間で83万円。建築CADビジネス科は留学生特別減免制度を利用すれば2年コースで128万円、3年コースで188万円となるようです。ただし、学科によって教材費や研修費などその他の諸費用がかかりますのでその点についてはきちんと考慮しておきましょう。詳しくはオープンキャンパスなどで聞くことができます。オンラインでのオープンキャンパスなども開催されていますので、どんな方でも気軽に参加しやすいのが嬉しいポイントですね!

東京日建工科専門学校の入試方法

東京日建工科専門学校の画像

東京日建工科専門学校の入試方法は、学科によって変わってきます。最後に、この入試方法についても確認しておきましょう。建築設計科、建築インテリアデザイン科、建築大工科の3学科では、高校生対象の指定校推薦・特待生推薦の他、既卒生も対象になる社会人特待生、一般入試、AO入試、AO特待生というさまざまな方法で出願をすることができます。建築設計研究科と建築士養成科(通信制)に関しては一般入試のみです。建築CADビジネス科は一般入試の他、指定校推薦、学校推薦、AO入試と選択肢がありますが、出願資格の条件や出願書類が多く用意されていますので事前に確認をしておくべきでしょう。

まとめ

東京日建工科専門学校は「学科の選択肢が多いところから検討していきたい!」「就職支援が充実している学校に行きたい!」という方の希望を叶えられる可能性の高い建築学校であるということができるでしょう。しかし、建築学校はその他にもたくさん存在しますから、比較検討なしに決定してしまうことはおすすめできません。是非、東京日建工科専門学校の特徴もしっかり押さえた上で、自分にぴったりの建築学校を選んでくださいね!

【東京日建工科専門学校】のHPを見てみる

東京の建築学校おすすめ一覧

イメージ
学校名スペースデザインカレッジ青山製図専門学校デザインファーム早稲田大学芸術学校設計学院アーキカレッジ
強み即戦力に結び付くカリキュラム、現役のプロが務める講師陣が魅力資格に非常に強く、卒業時には2級建築士の取得も可能「アトリエ建築設計事務所」への就職に強い奨学金制度が非常に充実「実践」に重点をおき、現場での授業が多い。
建築系学科
コース

昼間/夜間/通信含む
5コース


昼間・夜間含む
9コース


昼間・夜間含む
3コース

昼間2コース

昼間2コース
学費
(年間授業料)

約21~99万円

約34~76万円

約50~130万円

約58万円

約105万円
就職サポート

企業訪問、就職ガイダンス、個人面談

就職課によるサポート、OB懇談会など

ポートフォリオの作成、非公開求人情報など

早稲田大学キャリアセンターと連携したサポート

キャリアコンサルティング・履歴書添削など
学校アクセス東京1校
最寄り駅:池袋駅
東京2校
最寄り駅:渋谷駅
東京1校
最寄り駅:中野駅
東京1校
最寄り駅:西早稲田駅
東京1校
最寄り駅:新宿駅
学校住所〒171-0022
東京都豊島区南池袋2-27-8 南水ビル6F
【1号館】
〒150-0032
東京都渋谷区鶯谷町7-9
【3号館】
〒150-0031
東京都渋谷区桜丘町4-6
〒165-0026
東京都中野区新井1-6-5
〒169-8555
東京都新宿区大久保3-4-1
〒163-0632
東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル32階
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら