東京の建築学校を比較して厳選紹介!社会人でも夜間に通えるおすすめ5選!

働きながら建築学校に通うことはできるのか?

空間デザイナー、インテリアコーディネーター、建築士、設計士など、構造物を作る仕事では、様々な職種の人が活躍しています。

そして、建築や土木に関わる資格もたくさんあり、多くの知識を持った人がそれぞれの知恵を出し合って一つの建物を作っていると言っても過言ではありません。

そのような建築家を育てるための学校は全国にたくさんあり、資格の取得や技術向上に役立っています。

 

昼間働いている人は夜間の学校を探そう

建築や土木に関する知識を学ぶ学校は総称して建築学校と呼ばれていますが、働きながらでも通うことは可能です。

それにはいくつかの方法がありますが、最もポピュラーな方法は夜間の学校に通うことです。

夜間部を設けている学校は全国にいくつもあり、昼間は建築事務所に勤務していたり、土木施工の仕事をしていたり、全く畑違いの仕事をしながら通っている人もいます。

特に、建築関係の仕事ではCADや製図の知識が必要な場合があるので、それらの基礎を勉強しておくと大変便利です。

また、昼間働いている人は資格取得のための勉強時間をなかなか持てない現実があります。

短期間での資格取得を目指すには、学校の講師の元で効率よく勉強することが重要です。

「仕事が辞められない役職やキャリアがある」や「仕事を辞めて収入が減ると困る」という人は、仕事帰りに通えるような夜間部の学校に通うことがおすすめです。

 

好きな時間や都合が良い場所で勉強したい

働きながら建築学校へ通う二つ目の方法として、通信学校通信教育を利用するという方法が挙げられます。

通信学校には様々な学校がありますが、専門学校の建築学科の通信制コースや通信制大学の建築課程が代表的です。

また、大手の通信制教育が実施している受講コースも人気です。

「通信制で資格を取ることができるのか」と不安に感じる声もありますが、通信制の学習では、決められた課題を提出する義務があるため安心です。

また、通信制大学では大学が決めた日に登校し、講師と面接を行って学習の進捗状況を確認します。

さらに、製図でわからないところがあれば、すぐに質問できる制度が整っており、自宅学習でも安心して取り組めます。

自分で参考書を買って建築士や設計士を目指すのであれば、通信学校のテキストを利用して勉強する方が格段に有効的です。

また、同じ自宅学習をするならば、いつでも質問できて何でも情報が得られる方が安心して勉強できます。

特に、働いている人は時間を気にせずに自分の好きな時に勉強できるので大変便利です。

また、場所を問わないため、会社の昼休み時間など隙間時間を利用して勉強できるのも大変有効です。

「働く時間に囚われずに、自分が好きな時間や場所で勉強したい」という人は、通信制度を利用して勉強するのがおすすめです。

 

会社に休暇を申し出て勉強に集中する

働きながら建築家を目指す方法として、会社に休暇を申し出て建築学校に通うという方法も挙げられます。

もちろん、会社の都合にもよるため、すべての人に当てはまるとは言えませんが、資格を取得することは会社にも大きなメリットとなるので可能ならば申し出てみる価値はあります。

その際、「CADの勉強をして製図ができるようになってきます」や「短期間で資格を取ってきます」と、目的をしっかりと伝えておくことが大切です。

また、休暇中の待遇なども、しっかりと話し合っておくことも必要です。

そして、勉強の成果を会社のために使って貢献するという意思を忘れないことが最も大切です。

 

建築家と呼ばれる人には、様々な資格を持った人がおり、それぞれの知識を生かして一つの建築物を作り上げていきます。

このような特殊な資格や能力の向上には、専門の講師による特別な授業やテキストが必要です。

効率よく勉強を進めるためにも、専門家の講師がいる学校で集中して勉強することが大切です。