東京の建築学校を比較して厳選紹介!社会人でも夜間に通えるおすすめ5選!

建築学校に入るまでの流れとは?

建築の業界の仕事は、プロジェクトの企画から基本設計、実施設計、施工管理など幅広いものとなっていますが、どの仕事でも専門家としての建築知識を要求されることとなるので就職するためには、基礎的な能力を学校などで学ぶことが求められることになります。

実務を通じて建築の仕事に必要なスキルや経験を身に付けていくことも必要ではありますが、きっちりと建築学校で体系的に建築学を学んでいくことも重要といます。

建築学校を選ぶ際には、自分がどのような分野で活躍していきたいかなどをイメージして、その将来の目標に近い所を探すと良いでしょう。

将来の目標に近い学校を選ぶ

建築学校に入るまでの流れとして、まずは、自分が進みたい分野の仕事のスキルを身に付けることができる学校を探すことから始める必要があります。

学校のカリキュラムは教育方針などをパンフレットなどを参考にしながら調べていけば、必要な情報は得られるでしょう。

また、詳しい情報はパンフレットだけではわからないことが多いので、気になる学校を見つけた後は、説明会などに参加して詳細に情報を得たほうが良いでしょう。

デザインを学びたいと考えている人は、自分がどのような建築物を造っていきたいかによって、進むべき道を探したほうが良く、住宅を中心にデザイン設計をしていきたいか、大規模なプロジェクトのデザインに携わりたいかなどの方向性を明確にして学校を選ぶと、効率的に必要な知識や技術を身に付けていくことができるでしょう。

また、建築の仕事では、国家資格を保有していることが必要となることがあるので、その学校を卒業して、将来的に建築士などの国家資格の受験資格を得ることができるかなども確認しておくことが必要です。

学校の卒業までの課程の年数や学ぶことができる科目などは、通うところによって大きく違ってくるので、デザインを中心にしたカリキュラムだけを学びたいという人はそういった学校を選ぶと良いでしょう。

基礎的な知識が身に付く学校を選ぶとよい

デザインを学んでいる人は、建築の力学的な知識やそのほかの設備、施工管理などの知識が不足してしまうことがありますが、通う学校によっては、デザイン分野以外の科目にも力を入れている所もあります。

建築に携わっている人間として、必要最低限となる知識を身に付けておくことが求められる職場が多いので、一通り基礎を学ぶことができる学校を選ぶのも良いでしょう。

2年で学ぶことができるコースの他に、3年間通うコースなどがある学校などもあるので、自分がどの位の幅広い建築知識を身に付けたいかによって、学校を選択すると良いです。

入学試験対策をしっかりと行うこと

通いたい学校が決まったら、その学校の受験をすることになりますが、入学試験の出題傾向などもきちんと下調べをして臨むことが必要となります。

気に入った学校がある時でも単願で受験をすると、失敗した時に次の年度の4月から入学できなくなってしまう可能性があるので、できれば併願でいくつかの学校を受験したほうが良いでしょう。

働きながら建築の学べる学校に通うことを考えている人は、仕事の後でも通うことができる夜間カリキュラムがある学校を選ぶとよいですが、卒業までしっかりと通うことができるかどうかをあらかじめイメージしておくことが重要となります。

学校のカリキュラムでは定期的に課題などを提出することが求められることがあるので、課題に取り組む時間を確保することができるかどうかも事前に見極めておくことが必要です。

 

建築を学ぶことができる学校選びはその後の将来に影響を与えることになります。

また、入学後もしっかりと継続的に学習をすることができるかどうかもとても重要であり、働きながらの人の場合には、特に無理のないカリキュラムを組んでいる学校を選ぶことが大切となります。