東京の建築学校を比較して厳選紹介!社会人でも夜間に通えるおすすめ5選!

建築学校とは何?

建築学校とは何?

建築の仕事は、非常に専門性が高い仕事が多いので、経験だけでは十分な知識を身に付けるのに時間が掛かってしまうので、多くの企業が基礎的な知識を建築関係の学校で身に付けている人材を欲しがっていることが多く、新卒採用の場合には、建築関係の職場のほとんどが、建築学校を卒業している人を採用しています。
建築関係の仕事に携わりたいと考えている人は、まずは建築の基礎を身に付けるために学校に通うことから始める必要があるでしょう。

 

進みたい分野に応じて知識を学べる学校を探す

建築の仕事は、設計や施工、営業や事業の企画立案など多岐にわたっており、設計だけでも、基本設計を行う人や実施設計、法規チェック、パース作成など専門分野が多岐にわたってきます。
建築の中でも具体的にどのような仕事に携わっていきたいかを明確にしたうえで、知識やスキルを身に付けることが出来る学校を選ぶと良いでしょう。
大学であれば、学習する期間が4年間ありますが、専門学校などの場合には、2年から3年程度の学習期間となるので、効率的に学ぶことが出来るような学校を探す必要があります。
パースなどを作成する仕事に従事したいというと人は、デザイン的なカリキュラムが充実している建築学校に進むと良いでしょう。
パソコンを使って、パースソフトや3DのCADなどのソフトの操作を学ぶことが出来るので、実践的なスキルを身に付けて卒業することができ、学んだスキルをすぐに仕事に活かすことが出来ます。

 

全く分からない人でも基礎から建築を学べる

建築分野に全く知識がないという人でも広く受け入れてくれる専門の建築学校もあり、基礎の基礎からしっかりと学習することが出来ます。
限られた期間で知識を身に付けることになるので、個人の努力も非常に大切にはなりますが、全くの素人でも卒業するころまでには建築の知識を十分に身に付けられるでしょう。
空間デザインなども座学だけではなく、実際にコンピューターを動かしながら実践的な学習をすることが出来、実務を行っている講師からすぐに役立てることが出来る技術を学ぶことが出来るという点も建築学校の良い点です。
多くの企業は即戦力として役立つスキルを持っている人材を求めているので、学校で、実務に直結している技能を身に付けている人はかなり重宝されることになります。

 

建築家としてのマインドを学ぶことが出来る学校もある

実務に役立つスキルや知識を身に付けることができるだけではなく、建築家として必要となるマインドの部分を学ぶことが出来るとことも建築学校の良い所です。
クライアントとなるお客さん本人が全く気が付いていないポイントなどもしっかりとくみ取って、設計に盛り込むことが出来て、初めて満足度が高い建築物を造ることができるので、そういったスキルの上達も必要です。
建築学校で学ぶことが出来るスキルは、建築家としての小手先の技術に留まらずに、クライアントの要望をくみ取ることができ、隠れている欠陥を未然に防ぐことが出来る技能もあります。
それらのスキルを身に付けることができれば、将来さらに活躍の場を広げていくことが出来、建築家として大きく羽ばたくことが出来るようになります。
建築は自己表現も大切ではありますが、まずは利用する人の使い勝手などもしっかりと考慮して、機能性を高めることが出来るようにすることが第一になるので、そのような技能を習得することが大事です。

〇まとめ
建築の基礎から、実務に役立つスキル、顧客の要望をしっかりとくみ取る技術などを学ぶことが出来る建築学校は、建築分野で活躍していきたいと考えている人が必要となる技能を身に付けることが出来る場となっています。
建築の仕事を志している人は、まずは向上心を持ってこういった建築学校で学べることをすべて身に付ける位の気持ちでいると、一流の仕事をすることができるようになります。