東京の建築学校を比較して厳選紹介!社会人でも夜間に通えるおすすめ5選!

通信制の建築学校に通い、資格を取得しよう!


建築関係のコース以外の学生や建築業界以外の仕事に就いている社会人は建築を学びたいとき、独学ではなかなか学べません。かといって学校に通うのも大変です。そこで通わなくても専門的に学べる方法があります。

 

 

 

ダブルスクールや働きながら資格取得が目指せる

大学に進学したが、その後に別の進路を目指したい人は結構います。文系に入った後に理系である建築系の仕事に興味を持つ人などです。その大学に建築系の学部があれば編入などもできるでしょうが、文系から理系への変更はかなり難しいでしょう。他の大学に入り直すのも大変です。その他建築関係とは異なる仕事をしながら建築士の夢を持っている人もいます。それらの人が学べる建築学校として、通信制の学校があります。

高校や大学ではよく知られていますが、専門学校でも利用できるところがあります。スクーリングは必要になるものの、普段の授業は自宅などで行えるので常に学校に通う必要はありません。別の学校に通いながら、仕事をしながらさらに夜間学校に通うとなると通学の時間がもったいないと感じる人もいるでしょう。

通学の必要がないので、その時間も勉強に充当することができます。将来的に資格取得を目指すなら、学校の勉強だけでなく自己学習も行う必要があります。通信なら自分の勉強時間も確保しながら専門的な授業も受けられます。

授業がどのように進められるのかを知っておく

高校や大学において、通信制の学校があります。大学になると専門性の強いものもあるものの、高校の授業だと知識を得るのみで済む授業もあります。日頃の勉強はテキストなどを読めばある程度は理解できる内容が多くなるでしょう。社会人でも建築士を目指せる専門学校の中には通信教育で学べるところがあります。

建築学校といえば実習が必要な学校ですから実習が受けられない通信教育でどうやって学ぶか不安になるかもしれません。ある学校では、普段の勉強はテキストとネットから配信される動画授業で勉強をし、主に法規関係や基礎的な部分を学びます。実習はスクーリングで受けることになります。

その学校では月に2日参加することになっていて、土日や平日などから好きな日を選んで参加します。スクーリングにおいて実習が行われるので、実習ができない不安は解消されます。注意としては、実習が行われる場所に行けるかどうかになるでしょう。実習設備があるところでないと、スクーリングができません。

理系の学校だが授業料を抑えることができる

建築学校は建築士などを養成するための専門学校です。理系に該当し、実習なども多くあります。大学に比べると昼間コースに通うと授業料は高くなる可能性があります。年間に150万円から200万円近くかかることもあり、それなりに負担が大きいコースと言えるでしょう。それでも学びたい気持ちがあれば何とか学校を利用して学ぶべきです。

どうしても学費の負担がつらいのであれば通信制の選択も検討してみましょう。ある学校では、授業料が全日制の学校の3分の1程度に設定されています。1年間で50万円程度で学べるようになっています。実習なども含めてこの料金で学べるのはかなり安いと言えるかもしれません。学費そのものが安いのもメリットですが、通学費用や通学時間が節約できるのもメリットと言えるでしょう。自宅近くや会社近くにあれば通学費用などは掛かりませんが、離れているところにあれば多少なりとも負担が必要になります。通信ならスクーリングで月に数回通うだけでいいので、大きな負担はありません。

 

通信教育を利用するのに不安があるとすれば授業をどうやって受けるかでしょう。ある学校ではテキスト以外にネットからの動画配信授業で勉強ができます。実習はスクーリングで行うため、全日制と変わりない環境で勉強ができます。