東京の建築学校を比較して厳選紹介!社会人でも夜間に通えるおすすめ5選!

建築学校に入るのに必要な科目とは?

建築学校では建築家を目座す事に主眼を置くので、必要とされる内容の理解の為に入学段階である程度の学力は問われます。

入学試験が伴って来るので対策を行いたいところですが、その為にはそもそもどういった科目が必要とされるかを知らなければなりません。

学ぶ内容との繋がりを意識すれば、自ずと内容は見据えられるものとなります。

 

ベースとなる語学力は必要とされる

実際に建築家として働くようになると、依頼主等との折衝が欠かせません。

相手の意図を汲み、法律との整合性も取りつつ建築のプランを組んで行く必要があります。

その為には、文章や会話のベースとなる語学力欠かせません。

但し、ここで大学入試との違いを意識する必要があります。

大学でも建築技術に関する内容を学べる学部として工学・芸術系がありますが、こうした学部に限らず大学入試は一般に英語試験を課す事で、語学力を測る形となります。

一方で専門学校系では、より実践に直結する科目とするのが一般的です。

建築学校でもその事情は同等で、語学力を見る場合には現代文読解を中心とした国語を課すのが一般的となります。

学校に拠っては出願から始まる一連の手続きにおいてこれを代替したり、志望動機や現状の建築に関する知識・興味を見る事を兼ねて小論文を課すケースも考えられます。

寸法の理解や製図に必要となる数学

語学系に合わせて課される可能性が高いのが、数学です。

筆記試験としては数学のみというケースも、充分に考えられます。

その理由ですが、建築家として設計を行う事になるのですから、寸法等の内容を記載した図面や製図の為の知識に関しては深く理解する必要があるからです。

その為に必要なベースの知識に当たるのが、数学という訳です。

試験の内容としては、高卒後直ぐに入学する可能性のある学校になりますから、高校で扱われる範囲までは試験の対象となり得ます。

但し大学入試とは異なり、より建築で使われる可能性の高い分野の範囲に絞られる可能性は高くなります。

出題され易いと考えられるのは図面から具体的な建築物の内容を想起出来る資質があるかを見る上で役立つ図形の問題や、その知識を支える演算・計算の問題です。

尚、入学希望者が高校の段階どういったクラスに属していたかは問わないケースが殆どである為、所謂理系コースで無ければ触れる可能性の低い分野(数Ⅲや数C)に関しては、出題される可能性は低いものと考えられます。

理科を課される可能性もあり得るが

もう1つ課される可能性があるとすれば、理科の内容になります。

建築物はある程度長期に渡って屈強な状態を維持する必要があるのが通常ですから、各所で力学的バランスが取られている必要があります。

その理解や実践に当たっては、物理や化学で必要な知識の分野があるので、これが問われる可能性があります。

地盤の理解等で地学の知識も要るかもしれませんが、生物が必須となる事は少ないと言えます。

もし課されるとすれば理科の幾つかの分野を統合した試験となるでしょうが、語学や数学よりは優先度を低くしているケースが見られ、課されない可能性も高いと考えられます。

寧ろ部分的な知識の確認でも済ませ易い項目なので、面接等を通して口頭で述べる事が多くなる可能性があります。

裏を返せば理科を課されない状況で面接がセットされている場合、興味を持って関連情報に当たって置く事が必要となりそうです。

 

建築学校の入学試験で課される可能性が高い学科の科目は、語学と数学です。

語学は英語では無く日本語となる事が多く、数学に関してはある程度分野を絞って図形等の問題が課される可能性が高いと考えられます。

理科を課される可能性はありますが、優先順位は低い可能性があります。

学科試験のみならず小論文・作文や面接を課される可能性も高いので、各学校に合わせた準備が必要になって来ます。