東京の建築学校を比較して厳選紹介!社会人でも夜間に通えるおすすめ5選!

建築学校へ入学する方法とは?

建築のことが学べるのが建築学校です。

技術的なことが学べたり、国家試験の受験資格が得られるところや国家試験対策をしてくれるようなところもあります。

いざ入学したいときにどうすればいいのかを調べておくと良いでしょう。

 

自分に合う学校を見つけて願書を提出

建築系の仕事に興味があるなら建築学校に入学して知識を得ることを考えましょう。

建築系の仕事は非常に幅広く、高度な建築の資格を得て行う仕事もあればインテリアの設計などの仕事もあるかもしれません。

入学する方法としてはたくさんある学校の中から自分に合う学校を選ぶ必要があります。

高卒から入ろうとする人なら高卒生を受け入れてくれる学校でないといけません。

学校の中には社会人を中心に受け入れるところもあり、20歳以上でないと入れないところもあります。

又、少人数制のところだと申し込みが遅れるとすでにその年度の募集を締め切っているときもあるので、早めに情報収集をして申し込みをしましょう。

 

自分に合う選考方法を選んで申し込む

大学に入学するための方法として多くの入試が用意されるときがあります。

誰でも受けられるのが一般入試で、推薦入試としては指定校推薦、一般推薦、AO入試などもあります。

一般入試は誰でも受けられるものの、入試などが課されるので他の方法に比べると対策が大変になるときもあります。

一方で推薦入試は高校卒業見込みだけでは受けられず、一定以上の成績がないと受けられません。

指定校推薦は学校側からの推薦がないと受けられないので、こちらも簡単には受けられないかもしれません。

建築学校へ入学する方法として、選考方法を選んで申し込む必要があります。

高卒生から受け入れてくれるところなら、一般入試や推薦などから選びます。

社会人を受け入れてくれるところは社会人入試を利用すると学科などを免除してもらえるときもあります。

20歳以上を条件にしている学校は社会人などの受け入れが多くて一般入試などが行われないところもあります。

選考は書類と面接だけのところもあるので事前に面接の対策などを取っておきましょう。

もちろん書類は丁寧に書かないと入学できないときもあります。

 

一定の選考を経て入学が可能になる

大学へは入試があり専門学校には入試はなく申し込めば誰でも入学できるイメージがあるかもしれません。

確かに専門学校は入試における成績部分のウェイトはあまり高くありません。

一応学科試験などが課されますが、名前さえ書いて出せば合格通知が来るところもあります。

しかしあまり安易に考えていると不合格になる可能性もあるので注意しないといけないでしょう。

建築学校へはどうかですが、高卒以上を対象にしているところだとまず書類を提出して入試を受けます。

学科試験と面接のところもあれば小論文などを課すところもあります。

その他、面接のみのところもあります。

建築関係の技術を学ぶのは非常に大変で、国家試験も非常に難しいものになります。

選考においてはいかに建築のことを学びたいかを伝える必要があるでしょう。

特に社会人から学ぼうとする人なら明確な理由や目標を持っている方が伝わりやすくなります。

建築の技術を得て具体的に何がしたいのかなどを伝えられれば入学が認められるかもしれません。

申し込み順で入学が決まるところなら早めに申し込むようにしましょう。

 

建築学校は非常にたくさんあるので、その中から自分の行きたい学校を探しましょう。

各学校では申し込み方法がいくつかあるので、その中から選んで申し込むとそれに応じた選考がされます。

合格すれば入学を許可してもらえます。