東京の建築学校を比較して厳選紹介!社会人でも夜間に通えるおすすめ5選!

建築学校で学べる分野の種類は?

物を作る仕事がしたい人が憧れる職業に建築関係の仕事があるかもしれません。

建築学校であれば建物の建築に関わる内容が学べそうです。

ただ学校によってはいろいろなコースがあるので、目的に応じてコースを選ぶ必要がありそうです。

 

建築士の資格を取得するための知識や技術

世の中にはたくさんの建築物があります。

身近なのは住宅になるでしょうし、一戸建てやアパートマンションなどがあるかもしれません。

それ以外にオフィス街にある大きなビルも建築物ですし、巨大な橋などは建造物などとして作るのには一定の技術を要します。

建物などを建てるにはその設計図が必要になり、それを設計する専門の資格として建築士があります。

建築士には1級建築士、2級建築士、木造建築士があり、1級建築士は最高峰の資格で世の中にあるいろいろな建物の設計などをすることが可能になります。

建築学校で学べる分野の種類としてはまず建築士の資格を取得するための知識や技術になるでしょう。

1級建築士などの資格は独学で学んで受験するわけではなく所定の学校を修了したり実務経験などを積む必要があります。

重要なのは資格を受験するのに必要なカリキュラムが組まれているかどうかでしょう。

それぞれの学校で受験資格が得られるコースがあるかどうかなどが分かるので、どうしても資格が取得したいならそのコースを選ぶ必要があります。

将来独立したい人は資格を取得した方が有利になります。

 

建築設計に関する高度な技術を学ぶ

建物に求められるものとしてまずは使いやすさがあるでしょう。

住宅なら住みやすい方がいいですし、オフィスであれば仕事がしやすい空間かどうかがあります。

安全で使いやすい建物もいいですが、自然に調和していたり、室内なのに明るい設計が取り入れられるなども重要になってきます。

建築会社などで設計の仕事をするのであれば、より高度な建築技術を学ぶ必要があるかもしれません。

建築学校で学べる分野の種類として、建築に関わる技術そのものがあります。

注意したい点として資格取得を目的としてないところでしょう。

そのため修了したとしても建築士の受験資格などは得られません。

では資格がないと設計の仕事はできないかといえばそうではありません。

設計事務所などに雇用されれば誰でも設計の仕事に携わることができます。

高度な設計技術を持っていればそれを評価されて任される仕事も多くなるでしょう。

既に建築系の資格を持っていてより高度な技術を身につけたい人であったり、独立するのではなく建築会社の社員として仕事をしたいと考えているなら、こちらのコースを選ぶと良いでしょう。

 

建物内のインテリア関係の技術を学ぶ

建物内で生活をするとき、まずは建物の空間そのものが必要になります。

しかし空間だけがあっても生活をしたり仕事をしたりはできません。

必要な設備や家具などを用意してそれらを使いながら活動を行います。

どんな設備を設置するのか、家具を使うかは基本的には利用する人の自由になりますが、より効率的に利用したいと考えている人は専門家の意見を聞きたいと考えるかもしれません。

建築学校で学べる分野の種類として建築物内のインテリア関係があります。

資格としてはインテリアコーディネーターなどがあり、学校によってはそれらの対策をしてくれるところもあります。

ただインテリア関係の仕事は必ずしも資格がないとできないわけではありません。

学校によっては資格よりも実践的な内容を重視しているところもあります。

建物内のインテリアの仕事としては、住宅のモデルハウスなどの設計の他、企業が入居するオフィスのデザイン、そして飲食店や販売店などのショップのインテリアのデザインなどがあります。

住居向けを専門的に学んだりショップ向けを学べるコースを用意している学校もあります。

 

将来的に建築設計の仕事を独立して行いたいなら国家資格取得も含めて設計が学べるコースを選ぶと良いでしょう。

資格に関係なく建築技術が学べるコースもあります。

建物内のインテリアの設計などを学べる分野もあります。