東京の建築学校を比較して厳選紹介!社会人でも夜間に通えるおすすめ5選!

良い東京の建築学校に通うための選び方って?

良い東京の建築学校に通うための選び方って?

東京には10校以上もの建築学校があるので、どれが最も良いのかと悩んでしまう人もいます。
どのような選び方をすれば納得できる教育を受けられるのでしょうか。
比較検討する上で重要なポイントを確認しておきましょう。

 

学びたいことを学べるかを考えよう

建築学校を選ぶ上で最も大切なのは学びたいことを学べる環境が整っているかを確認することです。
建築学校では建築士や技能士、建築施工管理技士といった国家資格を取得するのを目指す人が多いですが、大前提としてその資格を取得できるコースがあるかを確認するのが必須です。
そして、実際に技術として何を専門的に学びたいかも考慮する必要があります。
建築デザインや環境デザイン、住宅設計デザインなどの多岐にわたる専門性があるのが建築という学問の特色です。
この他にも徐々に新しい専門性が見出されてきているため、どの分野で活躍できるようになりたいかに応じて適切なコースのある学校を選ぶことは欠かせません。
そして、目標とする国家資格だけでなく、民間資格についても取得のサポートがあるかどうかを調べて決めた方が良いでしょう。
インテリアコーディネーターや福祉住環境コーディネーター、建築設計士などのように取得していればアピールポイントにできる資格は多数あるので、あったら良い資格は何かを考えて選ぶのが賢明です。

 

かかる費用と通いやすさを考慮しよう

東京の建築学校を選ぶときには費用面も考えるのが大切です。
昼間部の二年間のコースの場合には入学金と学費を合わせると200万円以上かかるのが相場になっていますが、それ以外にも費用がかかって結局は250万円前後になることも稀ではありません。
もともと学費が高めで270万円程度になっている学校も東京にはあります。
費用に見合った充実した内容の教育を受けられるのであれば問題はありませんが、ただ高いだけという場合もあるのでよく比較しましょう。
授業料については支援制度が整っていて負担を軽減できることもあります。
学校独自の支援制度があって給付金や貸与金を手に入れられることもあるので、学費の負担が気にかかっている人は確認しておくべきポイントです。

〇学校への通いやすさも重要
通学時間を短くすると時間の自由が得られますが、交通費も削減できるのもメリットです。
東京に引っ越して学校に通おうと考えている場合には寮を利用できる学校を選ぶと安上がりになります。
東京は物価が高いので都心部で生活しようと思うと家賃がかさんでしまいがちなので、安く利用できる寮がある学校を選ぶのが無難でしょう。

 

卒業後の将来的な展望も考えて選ぼう

学校選びをする上でもう一つ重要なのが卒業後の展望について考えることです。
あくまで建築学校に通うのはスキルや知識を身につけて資格を取得できるようになるのが目的です。
それを生かすためには就職について考えなければなりません。
就職の実績について調べて、自分がやりたいと考えている仕事ができる就職先に行ける可能性が高いかを確認しておきましょう。
就職率の高さは東京の建築学校ではかなり高い水準にありますが、就職先の業種や会社の内訳にはかなりの違いがあります。
学校によって持っている強みが違うので、必然的に就職先の傾向にも違いが生じてくるのです。
就職状況をよく分析するとただ自分が働きたい業界に行きやすくなるだけでなく、そこで活躍するために必要な能力を磨きやすくなります。

〇まとめ
★東京の建築学校を選ぶときには何より自分が目指す能力を手に入れられるコースがあることを最優先しましょう。
★その上で無理なく学費を払える学校かどうかを確認するのが大切です。
★通いやすさも考慮しておくと安心できます。
★そして、卒業後の就職状況を確認して、自分が働きたい業界への就職をしやすい学校を選ぶのが大切です。