東京の建築学校を比較して厳選紹介!社会人でも夜間に通えるおすすめ5選!

建築学校に夜間で定時制ってある?

建築学校に夜間で定時制ってある?

 

建築に関して学びたいときや関連する資格を取得したいときには建築学校に通うのが効果的です。
しかし、昼間には通えないという事情がある人もいます。
このようなときに東京では夜間で定時制の学校を利用することはできるのでしょうか。

 

 

東京にはたくさんある夜間の建築学校

夜間で定時制の建築学校は東京にはたくさんあります。
東京には建築に関わるコースを用意していて建築士や技能士などの資格を取得するための受験資格を得られる学校がいくつもありますが、そのほとんどが夜間にも対応しているのが現状です。
夜間の場合のスケジュールは18時過ぎからの開始になっている場合が多く、授業が終わるのが22時前後という形になっています。
この時間帯になら通えるという人であれば夜間部を利用して建築について学び、スキルや知識の習得を経て資格を手に入れることが可能です。

 

内容については昼間の学校と違いはない

夜間部と昼間部で違いはあるのかというのは夜間の建築学校に通うことを検討している人がよく抱く疑問です。
結論から言えば基本的には昼間の場合と内容に大きな違いがない場合がほとんどです。
①建築士や技能士などの国家資格を受験できるようにするためには、国の定めているカリキュラムが組み込まれていなければなりません。
その内容を夜間に行うことになっているのが相違点です。
②ただし、学校によっては昼間のカリキュラムには資格には関連しない特別な授業を組み込んでいたり、それを選択科目として選べるようになったりしていることがあります。
夜間の場合には開講されていなくて興味があっても履修できないこともあるでしょう。
その代わりに学費が昼間に比べるとやや安くなっていることもあります。
③また、授業外のサポートが手薄になっていることもないわけではありません。
自由に講師に質問できるサービスがある場合に、夜間に常駐している講師が少なくて行列ができることはあるでしょう。

〇昼間の授業との違い
夜間では平日の夜に授業を行うのに加えて、土曜日の昼間にも授業が組み込まれるという点が挙げられます。
学校によっては土曜日を使わずに、一定期間を設けて集中実習を行うことで対応する場合もあります。
どちらの方が対応しやすいかはケースバイケースなので、入学手続きをする前に土曜日の実習や集中実習の有無について確認しておくと良いでしょう。

 

夜間の学校を選ぶとメリットも多い

夜間に建築学校に通うのにはメリットもあります。
昼間を自由に使えるのが最大のメリットで、昼間に仕事をしている人がよく利用しています。
仕事をしていれば学費の工面をしやすいので、経済的に学校には通いにくいという人も通える可能性が高くなるでしょう。
②また、建築に関わる仕事をしている場合には夜に学校で学んだことを昼間に現場で活用していくことができます。
うまく仕事に生かせるとモチベーションも上がりやすく、逆に仕事を通して生まれてきた悩みを学校で解決することも可能です。
スキルアップを目指す上では合理的な方法になります。
③昼間は別の学校に通って同時に二つの専門能力を獲得することもできるでしょう。
昼間は遊びたいという人にも選択肢にできるので、建築について興味を持ったときには考えてみると良い学び方です。

〇まとめ
東京には夜間で定時制の建築学校もあり、資格を取得するためのカリキュラムが組まれているので内容も昼間とは大きく変わりません。
18時過ぎから始めて22時頃には終わるスケジュールになっているので、昼間は仕事をしている人でも通えます。
経済的な負担を補填しつつ学べるだけでなく、建築関係の仕事をしていれば学んだことを生かせるメリットもあるので、スキルアップを目指したい人に向いているでしょう。