東京の建築学校を比較して厳選紹介!社会人でも夜間に通えるおすすめ5選!

建築学校の講師になるには

公開日:2018/12/15  最終更新日:2019/01/11

現在日本にはありとあらゆる職業があり、その中の一つに建築士や建築家があります。

非常に奥が深い世界であり、独学では学びきれないほどの知識を身に付ける必要があるのはもちろんのこと、現場で経験を積んでいく必要もあります。

建築学校で教える立場として働いていきたいと考えた際にも、まずは自分がしっかりとした知識を身につけてからというのは当然のことであり、独学ではなく専門の学校に通って学んでいくべきと言えます。

 

専門学校選びが重要なポイントになる

まず建築士とは、一級建築士や二級建築士といった国家資格を取得して国土交通省に登録し、その職に就いている人のことを意味しています。

しかし、建築家は定義が曖昧であり、どちらかといえば芸術家的であることを表すために、自称として使っている人が多いと言えます。

アーティスティックな要素を求められるということもあり、センスもかなり重要視される職業という事は確かです。

現在の日本では建築家という職業が明確には認識されていないこともあり、1級建築士の資格を持っていれば、誰でも建築家と名乗ることができますが、実際に建築家として生計を立てていくためには、会社に入社する場合でも認められなくてはならず、独立する場合には依頼される必要があり、多くの人の中から選ばれなくてはなりません。

そして、そんな建築家を目指す人達に教える立場になりたいと考えているならば、基本がしっかりと身についていなくてはなりません。

そのためにも役立つのが、専門の学校で学ぶという方法です。

一口に専門の学校といっても数多く存在しており、どこにいくのかによって建築家としてしっかりと知識を身につけられるかには違いがあります。

自分の目的に合っている学校を選びましょう。

 

経験を積んでおくことも必要となる

専門学校を卒業したからと言って、建築学校の講師としてすぐに働くことができるというわけではありません。

実際に教える立場になった時、専門的な知識を必要とするだけではなく、様々なシーンに合わせて臨機応変に対応していくことも教えていかなくてはなりません。

そのためには、まず自分が経験を積んでおく必要があります

いきなり教える側となる事はそう簡単なことではないので、まずは自分が建築家として必要な知識を蓄え、実際に経験を積んでおくことが大切です。

 

専門の求人情報から探すようにする

建築学校で働きたいと考えても、一般的な求人サイトや情報誌では、なかなか求人を見かける事はないのではないでしょうか。

しかし全く求人がないというわけではありません。

専門の求人情報サイト情報誌から探してみたり、めぼしい学校がある場合には自らい合わせて空きがないかを確認しましょう。

 

専門的な分野になるからこそ、自らの基礎がしっかりと出来上がっていて、臨機応変に対応できる力も必要となるので、まずは専門学校で自分の力をつけておくことが大切ではないでしょうか。

その後は実際に経験を積み、教えられるレベルになったら専門の求人情報誌やサイトで学校を探してみましょう。

東京でおすすめの建築学校一覧

イメージ
会社名設計学院アーキカレッジスペースデザインカレッジ青山製図専門学校デザインファーム早稲田大学芸術学校
ポイント住宅メーカーの母体が教えてくれる超実践的カリキュラム初心者を2年でプロに!即戦力人材育成に自信あり1977年開校の超伝統校だからノウハウがぎっしり!目指すはプロの建築家!中野駅の伝統ある建築学校あの早稲田大学が運営している、建築家のための専門学校
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく