東京の建築学校を比較して厳選紹介!社会人でも夜間に通えるおすすめ5選!

建築学校卒業後の主な就職先は?


建築関係のことを学べば、将来的には建築関係の仕事に就きたいでしょう。設計業務を中心に学ぶこともあれば、施工管理に関する技術を学ぶこともあります。建築関係だけでも非常に多くの業種があり、色々な仕事から選べます。

 

 

 

設計事務所で設計士として採用してもらう

ものづくりが好きな人は、自分で設計をしたり、自分で何かを作る仕事をしたいと考えるかもしれません。ものづくりに関する仕事はいろいろありますが、小さいものから大きなものまであります。せっかくなら大きなものを作ってみたいと考えるかもしれません。建築士であれば、一般的な住宅からマンションなどの鉄筋の建物、さらには橋などの公的な建築物などの設計をすることができるようになります。

建築学校を卒業した後の就職先としては、設計事務所が多いかもしれません。大学からだと二級建築士は卒業をしないと受験ができません。でも専門学校の中には在学中に二級建築士まで取得できるところがあるので、この資格を持った上で就職活動ができます。設計事務所としても有能な人材が欲しいでしょうから、既に資格を持っているかどうかで採用が左右されるときもあるかもしれません。設計事務所に採用された後の進路も様々です。そのままその設計事務所で働き続けることもあるでしょうし、独立して自分の事務所を立ち上げる人もいるでしょう。

建築施工関係の会社に就職をする

建築現場などでは、よく知られている建築会社の社名などが掲げられているときがあります。おそらくその会社が中心になって建設をしているのでしょうが、その会社のみですべてが行われているわけではありません。いろいろな会社が関わって建物が建てられていきます。これは大きなビルだけでなく一般の住宅でも同じです。

設計をする会社があって、基礎を作る会社、その他水回りや電気関係の工事などはそれぞれ別の業者が行います。建築学校を卒業した後の就職先としては、建築施工会社があります。各工事において現場を取り仕切る会社と言えるでしょう。規模によってスーパーゼネコンと言われる会社から、大手や中堅と言われる会社があります。

建築現場に掲げられているのはスーパーゼネコンなどが多いですが、大手や中堅の会社も多いです。施工に関する管理を主に行い、実際に業務を行う業者の取りまとめなどを行います。特に資格が必要なわけではありませんが、建築施工管理技士などの資格を持っているとより就職がしやすくなります。

住宅メーカーへの就職が可能になる

テレビコマーシャルなどでは住宅関係のものが多くあります。多くの人が家族を持った時に住宅を建てるのを夢見ます。決して安くはありませんが、住宅ローンなどを利用して購入する人もいるでしょう。住宅を建てる会社としては、大手住宅メーカーであったり、工務店などがあります。

建築学校を卒業しての就職先としては、住宅メーカーが可能になります。住宅メーカーには技術者と営業職、その他の管理業務などが必要になります。建築関係の資格を持っていれば、技術職として採用してもらいやすいでしょう。住宅メーカーでは大きなビルよりも一般の個人の住宅の製造販売が多いので、二級建築士や木造建築士の資格があれば建築士としても即戦力として仕事をすることができます。

技術者として就職する人もいますが、意外に営業職を希望する人もいます。営業職の多くはあまり技術的な知識を持っていませんが、持っていればお客さんへの提案はしやすくなります。建築の技術を生かしながら、販売を通じてお客さんのためになる仕事をすることができます。

 

設計関係のコースを選んだのであれば、設計士になるべく設計事務所への就職があります。大手建設会社であれば、施工関係の仕事をすることができます。住宅メーカーであれば、設計関係の技術者としてだけでなく営業職としての仕事も可能です。