東京の建築学校を比較して厳選紹介!社会人でも夜間に通えるおすすめ5選!

建築学校の面接ではどんなことが聞かれるの?

建築学校の面接の中身は、志望動機に関した質問から始まり、受ける学校の専門に関する分野絡みの質問に至るまで多様なものとなっています。

しかしながら、専門分野と言っても専門的な知識を質問されるものではありません。

専門学校の分野に向けての関心などを質問するものになります。

志望動機と対策法および自己PRについて

最も質問される可能性が大であるのが志望動機に関しての質問になります。

志望動機と言っても質問のされ方ついては、いろいろあります。

ひとつの例として、志望する理由や具体的にどういったことが会得したいのかなど、 いずれも志望動機に関係した質問になっています。

専門学校の試験において、必ずといっていいぐらい尋ねられる志望動機についてですが、推奨できる対策手段があります。

それはおおまかに志望動機を考えて、おおよそ覚えるということになります。

志望動機と言ったところで、聞かれ方は多種多様です。

思考した志望動機を丸暗記していては、限定的な質問にしかレスポンスすることはできません。

従って、思考した志望動機をポイントにわけて、それを結合させてレスポンスするのがおすすめです。

さらによく質問される質問が、自身のことについてです。

よくある自己PRから、短所個人的な趣味についても問われます。

ひとつの例として、自己PRや短所、それをクリアするために行なっていること、休みはどういったことをしているかなどです。

学生生活に関する事項が質問されます

あらためていうまでもなく、専門学校の試験を受ける人は多くが高校生でしょう。

それを受けて、学校生活に関する質問もしばしば聞かれています。

例としては、学生生活で最も頑張ったことクラスや部活での役割、さらに学生生活でやり残したことなど、いずれも原則としてスクールライフに関することになります。

ですので、それほど難しく捉える必要はありません。

また、それぞれの専門学校の専門分野に関する質問もよく聞かれます。

そして、特徴として知識的質問ではありません。

興味や関心を問う中身になっています。

何の目的でなりたいと考えたのか、どういった将来像をもっているのかのような質問です。

常々からの専門分野に関しての考えを説明しましょう。

ベーシックなことを手堅く下準備することが重要です

専門学校の面接でも落ちる事例はあります。

余程のことがないと落ちる事がないというのが大半を占めますが、しかし対応を誤ると落ちる可能性があります。

具体的には、ヘアスタイルがぼさぼさで、服が整っていない、質問に対して回答しない、しっかりとした行動がとれないなどです。

専門学校サイドも実績などに関わりを持ってきますので、癖がある人は不合格にします。

しかしながら、ベーシックなことをきちんと事前準備すれば不安や心配はいりません。

服やヘアスタイル、あいさつは、いちばん基礎的なことで容易に事前準備することができます。

質問の答えを考えることは大変ですが、時間を費やして事前準備すれば、必ず良いものが完成します。

まとめ

面接においては、志望動機、さらに自己PRや学生生活と多種多様に質問を受けます。

そして、自分の考えを言う場といえます。

質問に関しての反応が非常に薄いと学校に入って実行していこうと考えていないかもしれないとおもわれてしまいます。

したがって、ある程度自分自身でも大げさだと感じ取るくらいで受け答えを行なってみましょう。

あらためていうまでもなく学校の素晴らしいポイントが動機で入りたいと伝達するのは支障はありません。

その部分にプラス自分自身のエピソードを交えることが重要になります。

ひとつの例として小人数でアットホームを売りにして自分自身の必要としているものにマッチすると主張できます。

実際に伝えると真実味が増します。