東京の建築学校を比較して厳選紹介!社会人でも夜間に通えるおすすめ5選!

社会人が定時制で建築学校に通う目的とは?

社会人が働きながら定時制の建築学校に通うケースがあります。

建築の分野は難しい内容もありますが、学びたいと思っている人はいます。

それぞれの学校でコースがあり、通っている人の経歴や目的はバラバラです。

 

将来的に建築士として独立したいとき

仕事をするときは会社などに雇用される方法と自分で独立して行う方法があります。

学校を卒業したてで社会人の経験がないときはいきなり独立して仕事をするのは難しいでしょう。

何らかの会社で雇用されて、社会人としての振る舞いやその会社での仕事を覚えて過ごします。

このときに建築関係の会社に就職したときには建築系のいろいろな仕事をさせてもらえます。

文系なら事務や営業などがありますし、理系なら設計など技術的な仕事をするかもしれません。

ただいくら技術を磨いたとしてもそれだけで独立するのは難しいと言えるでしょう。

あくまでもその会社の一員としてしか実績を残せません。

社会人が定時制で建築学校に通う目的としては、建築士の資格を取得して将来的に建築士として独立することが挙げられるかもしれません。

建築士の肩書があるとそれが信用になり独立もしやすくなります。

建築士の試験を受けるには受験資格が得られる学校を卒業する必要がありますが、社会人でも通える定時制の中にも要件を備えているところはあります。

資格を取れば社内での評価が上る可能性もあるでしょう。

 

異分野から建築関係に転職したいとき

学校を卒業して就職をするとき、できれば天職と言われる仕事に就きたいでしょう。

一生その仕事をし続けたいと感じる仕事ができれば言うことはありません。

しかし現実は難しく、卒業時になかなかやりたいことが見つからないときもあります。

就職をして仕事をし始めると自分の会社の仕事ではなく、他の会社の仕事なども見えてきます。

すると他の仕事の中に自分のやりたいことが見えてくるかもしれません。

社会人が定時制で建築学校に通う目的としては異業種や異分野から建築関係の仕事への転職をするためがあるでしょう。

もちろん特に建築系の知識や技術、資格がなくても転職できるときもあります。

しかし建築の設計などの仕事をしたいのであれば一定の知識があった方がいいですし、資格があればより採用してもらいやすくもなります。

又、何となく建築関係に興味がある状態から、実際に勉強することでより建築に関する業務内容が理解できるようになるかもしれません。

できれば資格が取れるコースを持つ学校の方が良いでしょうが、それ以外の設計技術が学べる学校で勉強してもそれなりに転職には役立つでしょう。

 

より高度な建築の技術の取得をしたいとき

大学や専門学校で建築系の学部を修了すると2級建築士などの受験資格が得られます。

何らかの資格を得て建築関係の仕事に就職し、建築関係の仕事をしている人もいるかもしれません。

建築関係の会社は大企業もあれば中小や個人の会社や事務所などもあります。

大企業になると広い分野の建築の仕事があり、それらに携われば取得できる技術も増やせるでしょう。

しかし中小や個人だと受ける仕事がある程度決まっていて、いつも同じような設計業務しかできないときもあります。

もっといろいろな技術を身につけたいと考えている人もいるでしょう。

社会人が定時制で建築学校に通う目的として、より高度な建築の技術を得るためがあります。

建築学校には資格取得をメインにカリキュラムを組んでいるところもあれば、自由なカリキュラムを組んでいるところもあります。

自由なカリキュラムの学校では有名な建築士が特別講師として招かたりして、その人の話を聞けたりするときもあります。

全く建築の知識がない人でも学べる初心者のコースもあるので、出身学部や経歴などに関係なくやる気があれば入学を認めてもらえるでしょう。

 

建築関係の資格を持っていない人が資格取得をしたいと通うケースがあります。

その他異業種から建築関係の会社への転職を希望する人が学ぶケースもあります。

いろいろな理由でより高度な建築技術を得たい人が学んだりもあるようです。