東京の建築学校を比較して厳選紹介!社会人でも夜間に通えるおすすめ5選!

建築学校で学べる授業内容は?

建築学校で学べる授業内容は?

 

 

東京都内にある建築学校の種類によって、学べる授業の内容は異なります。
また、授業内容だけでなく、学科によっても授業内容は異なるため、前もって授業について調べてから、オープンスクールに出かけるといいでしょう。

 

1年目にはベースとなる学習を行う

単純に建築学校といえども、受ける学科によって授業内容が異なることは事実です。
建築士になるだけでなく、空間デザイナーや設計士、インテリアコーディネーターまで、多岐にわたる職種があるといわれています。
そのため、ベースとなる基礎の授業について把握しておくことが大切です。
学校によって授業のカリキュラムは異なりますが、建築学校の場合、1年目で基礎となる学習を学び、2年からそれぞれの志望にしたがって授業を受ける形になることが多いといわれています。
最もベースとなるのは建築に対する知識と、図面を書けるスキル、更にコンピューターを使えるかどうかです。
特に昨今ではCADによって建築だけでなく、多岐にわたる文化で活躍することができます。
基礎として学習しておくことが将来に大きく役立つでしょう。
基本的には建築に対する知識として、建築の歴史や建築に対する考え方、家を建てることに関するノウハウが一般的といわれています。
また、建築に関連した法律を学んでおくことも、必要事項となっているため、基礎の段階で学ぶことが多いです。
家を建てるだけでなく、企業のビルや公共施設を建てるときの法律にいたるまで学んでおくことで、将来に役立てることができるでしょう。

 

基礎を学んでから専攻科目に移る

基礎を学んでから専攻科目に移ることが、建築学校の授業のカリキュラムとして多くなっているため、基本的な部分は1年目に全て実行してしまいます。
建築士になりたい人向けのカリキュラムと、インテリアコーディネーターになりたい人向けのカリキュラムでは、学習する科目もポイントも大きく異なるからです。
そのため、専攻科目でどんなことを学びたいのか、将来につながる科目を選択することになるでしょう。
基礎の段階でもやることですが、専攻科目によっては現場に出る回数が増えるといわれています。
基礎を応用につなげるためだけでなく、専攻科目にどのように影響するのかを明らかにすることができるからです。
学んだ内容を生かして卒業制作を行う学校も多いため、学習内容を把握しておくことは重要といえます。
なお、学科によっては製図や設計に関するカリキュラムが増えるところや、インテリアデザイン・インテリアに関する実習が増えるところも少なくありません。
受講する内容によって学べるカリキュラムが異なりますが、場合によっては他の学科のカリキュラムを受けられる場合もあるため、受講する前に必ず確認しましょう。
オープンキャンパスで確認できるところもある為、参考にしてください。

 

コンテストに応募するカリキュラム

学校によってはカリキュラムの一貫として、コンテストにチャレンジさせるところも少なくありません。
授業内容に応じて成果を確認することができるだけでなく、将来の就職にも影響を及ぼすからです。
授業内容を聞いてチャレンジする自分のセンスや才能を発揮することが将来の夢に近づく一歩といえるでしょう。
センスのよしあしは建築関係で働くためには重要な要素となります。
施主にデザイナーズハウスやマンションを希望している人がいる場合、デザイン性の高い建築士の作った家やマンションは高く評価されるからです。
居住性だけでなく、デザイン性に関するカリキュラムのある学校も多いといわれています。
授業内容をチェックし、学習した結果を実力として出せるコンテストを見つけることがよい結果につながるといわれているため、参考にしてください。
もちろん建築士だけのコンテストばかりでなく、インテリアや設計部門のコンテストに提出する為の授業も多いといいます。

〇まとめ
実践的な学校が多いといわれており、実技をかねて外に出るところも少なくありません。
しかし、学校によって学べるカリキュラムやコンテストへの参加も異なります。
そのため、前もってオープンスクールに参加して、授業内容を確認してから入学しましょう。