東京の建築学校おすすめ15選を【費用・カリキュラム・口コミ】まで徹底比較で紹介!

東京デザイナー学院の口コミや評判

東京デザイナー学院の画像
建築に関する仕事をしたいなら、まずは専門的な知識や技術を得られる建築学校に通うのがおすすめです。しかし、建築について学ぶことができる学校はさまざまに存在するため、いざ検討を始めると迷ってしまう方も多いでしょう。今回は東京でそんなお悩みを抱えている方のために、東京デザイナー学院の特徴と魅力についてご紹介をします。

【東京デザイナー学院】のHPを見てみる

東京デザイナー学院の建築系学科情報

東京デザイナー学院の画像

東京デザイナー学院は建築以外にもさまざまな学科を有する、デザインの専門学校です。インテリアデザインやファッションデザイン、グラフィックデザインなど10学科、40専攻が存在し、それぞれで専門性の高い授業が提供されています。選択授業では専門分野以外を履修することも可能になっているのが特徴的です。また、東京デザイナー学院にはさまざまな施設や設備があり、プロと同じ制作環境が整えられています。中には大型の機械を備えた工房もありますよ!さらに、産学協同授業プロジェクトなどスペシャルカリキュラムも豊富です。在学中から実践的な力をしっかりと身に付けたいと考えている方にもうってつけであるといえそうですね。そんな東京デザイナー学院に存在する建築系学科は、建築デザイン学科という名前がついています。ここではこの建築デザイン学科について、さらに詳しく知っておくことにしましょう。

建築デザイン学科

建築デザイン学科は、2年で建築士を目指せるコースです。卒業時には建築士の受験資格を得ることができます。1年で基礎とテクニックをしっかりと学習しますので、初心者でも勿論安心です。2年目でより実践的に、プロの技術を習得していきます。受験対策の授業も行ってもらえますよ。指導は建築業界で活躍している一流の講師から直接受けることができます。放課後や休日などを利用して現場見学や校外授業が実施される点も、意欲的な方にとっては大きな魅力となるでしょう。さらに、カリキュラムは業界の動向に合わせて組まれるという点も嬉しいポイントです。建築家に求められるものは年々変化していきますので、他の学校よりも早く授業内容が変わることは卒業してからの強みにも繋がっていくでしょう。また、クラスは担任制になっており、同時にキャリアカウンセラーからのバックアップも受けられるため、就職に関しても有意義な活動を期待することができますよ。専攻は建築デザイン専攻住宅デザイン専攻の2つとなっています。将来的に作っていきたいものがまだ決まっていない方には建築デザイン専攻がおすすめで、将来的に住宅の設計を仕事にしたいという希望がある方には住宅デザイン専攻がおすすめされています。それぞれに目指していく職業の例が出ていますので、是非1度ホームページを訪れてみましょう。学生の作品などにも目を通すことができますよ!現在はオンラインでの説明会なども行われていますし、おうちdeキットというイベントも開催されています。これはオンラインでの体験入学ができるというものです。建築デザイン学科を希望する方にも取り組みが用意されていますので、興味のある方はチェックして実際に東京デザイナー学院を体験してみてください。

東京デザイナー学院の就職実績

東京デザイナー学院の画像

東京デザイナー学院では、学校選びの要素として欠かせない就職サポートも充実しています。オリジナルの就職セミナーが多数開講されていますし、1年次から各企業へのインターンシップ情報も紹介してくれます。卒業生のネットワークもしっかりとあり、時期によっては週1度と大変多くの企業説明会を実施してくれる点も魅力的です。さらに、サポートセンターにはキャリアカウンセラーが常駐しており、個別での相談にも応じてくれます。バックアップ体制が整っていますので、不安を感じることも少なくて済むかもしれませんね!2020年3月卒業生の実績によれば、就職率は82.7%となっています。公式ホームページに記載されている就職先一覧を見ると、インテリアや建築関連は特に多くの企業の名前が連なっている印象ですので、気になる方は確認をしてみるといいでしょう。因みにキャリアサポートセンターは卒業後でも15年間利用することが可能となっています。転職活動時にも相談できる場所があるというのは、将来的に嬉しいポイントとなりそうですね。

東京デザイナー学院の学費

東京デザイナー学院の画像

実際に建築学校を比較していくときには、学費も大きな要素になるでしょう。ここでは有意義な検討のため、建築デザイン学科の学費についても記載をしておくことにします。東京デザイナー学院の学費は全学科共通となっており、1年次がトータルで134万7,000円、2年次がトータルで136万4,000円です。全て合わせると271万1,000円となりますが、教科書代や教材費、研修費などその他の諸費用がかかることも忘れてはいけません。前年度の諸費用については公式ホームページでも紹介されており、建築デザイン学科は16万7,000円となっていますので目安にしてください。

東京デザイナー学院の入試方法

東京デザイナー学院の画像

東京デザイナー学院への入学には、大きく分けて3つの制度が存在します。以下から、自分に合った方法を選んで出願するようにしましょう。まず1つ目の方法として挙げられるのがAO入学です。内定すると他の方法の入学者よりも早くから学びを得ることができます。AO入学を考えているなら、アドミッションポリシーをしっかりと確認し、オープンキャンパスに参加しておきましょう。合格すれば奨学金が支給されるAO特待生という制度もありますので、確認しておくといいかもしれませんね。次に挙げる方法は推薦入学です。学校推薦、特別推薦、自己推薦の3つの種類が用意されています。もう1つの方法は一般入学で、こちらは併願をすることも可能となっています。いずれも高校既卒生でも目指せるようになっていますので、社会人経験後新たなキャリアとして建築を考え始めた方も是非検討してみてください。

まとめ

東京デザイナー学院は「他の分野からの刺激も受けられる環境でデザインの勉強をしたい!」という希望をお持ちの方に特におすすめの学校であるということができるでしょう。工房などの設備面が気になる方も満足できそうです。しかし、建築について学べる学校はさまざまにありますので、実際の進路を決める際には比較も重要になってきます。是非東京デザイナー学院も検討候補に入れて、自分にぴったりの学校を選ぶようにしてくださいね!

【東京デザイナー学院】のHPを見てみる

東京の建築学校おすすめ一覧

イメージ
学校名スペースデザインカレッジ青山製図専門学校デザインファーム早稲田大学芸術学校設計学院アーキカレッジ
強み即戦力に結び付くカリキュラム、現役のプロが務める講師陣が魅力資格に非常に強く、卒業時には2級建築士の取得も可能「アトリエ建築設計事務所」への就職に強い奨学金制度が非常に充実「実践」に重点をおき、現場での授業が多い。
建築系学科
コース

昼間/夜間/通信含む
5コース


昼間・夜間含む
9コース


昼間・夜間含む
3コース

昼間2コース

昼間2コース
学費
(年間授業料)

約21~99万円

約34~76万円

約50~130万円

約58万円

約105万円
就職サポート

企業訪問、就職ガイダンス、個人面談

就職課によるサポート、OB懇談会など

ポートフォリオの作成、非公開求人情報など

早稲田大学キャリアセンターと連携したサポート

キャリアコンサルティング・履歴書添削など
学校アクセス東京1校
最寄り駅:池袋駅
東京2校
最寄り駅:渋谷駅
東京1校
最寄り駅:中野駅
東京1校
最寄り駅:西早稲田駅
東京1校
最寄り駅:新宿駅
学校住所〒171-0022
東京都豊島区南池袋2-27-8 南水ビル6F
【1号館】
〒150-0032
東京都渋谷区鶯谷町7-9
【3号館】
〒150-0031
東京都渋谷区桜丘町4-6
〒165-0026
東京都中野区新井1-6-5
〒169-8555
東京都新宿区大久保3-4-1
〒163-0632
東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル32階
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら