東京の建築学校おすすめ15選を【費用・カリキュラム・口コミ】まで徹底比較で紹介!

町田デザイン&建築専門学校

町田デザイン&建築専門学校の画像

専門学校で建築を学びたいなら、町田デザイン&建築専門学校がおすすめです。初めて建築を学ぶ人でも、町田デザイン&建築専門学校でなら基礎から応用まで無理なく学習を進められます。この記事では、町田デザイン&建築専門学校の、建築設計学科の特徴について詳しくご紹介します。建築について学びたい方は、ぜひ参考にしてください。

【町田デザイン&建築専門学校】のHPを見てみる

町田デザイン&建築専門学校の建築系学科情報

町田デザイン&建築専門学校の画像

町田デザイン&建築専門学校の建築設計科は2年制で、卒業後に研究コース(1年制)への進学も可能です。国家資格の「一級・二級建築士」の受験資格を最短で取得でき、満足度・就職内定ともに完全100%だという建築設計学科について、さらに詳しく説明しましょう。

建築設計学科

建築士、商業施設士、施工管理、住宅設計など、建築についてとことん学び建築業界での活躍を目指します。商業施設や住宅設計など、机上で考えるだけでなく実学実習で仲間と共に実物大で制作も行います。二級建築士を視野に入れた学習カリキュラムも充実しており、建築士法の改正により、一級建築士試験も受験可能です。ここでは建築設計学科のカリキュラムについて解説します。
・1年次前期の学び
建築製図Ⅰ①、造形演習、デッサンなど、設計町田デザイン&建築専門学校やデザインの基礎をゼロからしっかりと学びます。
・1年次後期の学び
前期での学びを発展させ、専門知識を吸収します。建築計画、建築製図Ⅰ②、CADⅠを学びます。その他のカリキュラムとして、建築概論、建築基礎、建築史、建築法規Ⅰ、建築ワークスⅠ(リフォーム)、設計計画、表現技法Ⅰ、建築デザインなどがあります。資格対策として、商業施設士補、DIYアドバイザー、色彩検定もあります。
・2年次前期の学び
1年間学んだ知識に磨きをかけます。空間デザイン、建築構造、確認申請などを学びます。
・2年次後期の学び
これまでの集大成として、卒業課題を制作します。卒業制作は、卒業可否の最終判断基準にもなります。また、実学学習で実践を通して対応力や応用力、即戦力を身につけ、表現技法Ⅱでは3D・VRでの表現技法を学び、プレゼン力を養います。その他のカリキュラムとして建築設備、建築製図Ⅱ、建築法規Ⅱ、環境デザイン、建築ワークスⅡ、CADⅡ、ツールテクニックⅡを学びます。資格対策は、建築士試験対策講座、商業施設士、施工管理、建築CAD検定、DIYアドバイザーがあります。キャリアデザインとして就職指導を、一人ひとりの希望に合わせた企業、職種選びにつなげてくれます。

取得できる資格

町田デザイン&建築専門学校で取得できる資格としては、一級建築士、二級建築士、木造建築士、商業施設士、建築施工管理技士、CAD利用技術者1級・2級、建築CAD検定、福祉住環境コーディネーター検定、消防設備士、DIYアドバイザー、リフォームスタイリスト、リビングスタイリストなどがあります。

将来の主な職業

町田デザイン&建築専門学校を卒業した生徒は、一級・二級建築士、商業施設士、住宅設計、CADオペレーター、福祉住環境コーディネーター、施工管理、リフォームデザイナーなどへ就くことが多いようです。

町田デザイン&建築専門学校の就職実績

町田デザイン&建築専門学校の画像

町田デザイン&建築専門学校では、希望者の100%の就職率を目指し、一人ひとりの就職を全力でサポートしています。建築設計学科で学んだ人の主な就職先をご紹介します。

建築デザイン科の主な就職先

建築デザイン科の主な就職先は、株式会社清水建設・三菱地所ホーム株式会社・株式会社木下工務店・東日本ハウス株式会社・大和小田急建設株式会社・相鉄建設株式会社・住友不動産株式会社工藤建設株式会社・株式会社松尾工務店・一条工務店株式会社・駿河建設株式会社・株式会社小島組・株式会社東洋空調・セキスイハイムグループ株式会社・株式会社門倉組・朝日建設株式会社などです。

町田デザイン&建築専門学校の学費

町田デザイン&建築専門学校の画像

町田デザイン&建築専門学校の、建築設計科の学費について説明します。

入学時納入金

入学時に納入する金額は90万円、内訳は次の通りです。
・入学金15万円
・前期授業料37万円
・施設設備・管理費24万円
・実習費14万円
納付期限は、合格通知より14日以内です。

1年次後期授業料

1年次には後期にも授業料が必要になります。
・1年次後期授業料37万円
納付期限は7月中旬です。
1年次に納入する金額は合計127万円になります。

2年次進級時納入金

2年次に進級する際に納入する金額を説明します。
・前期授業料3万70,00円
・施設設備・管理費24万円
・実習費14万円
納付期限は3月上旬です。

2年次後期授業料

・2年次後期授業料37万円
納付期限は7月中旬です。
2年次に納入する金額は合計112万円になります。
建築設計科2年制過程では、合計239万円の学費が必要ということになりますが、学費以外のその他の費用についても説明しましょう。

教科書・教材費

建築設計科で使用する、教科書・教材費は以下の通りです。
・1年次10~11万円
・2年次4~5万円
・その他備品3万円程度
その他の備品とは、作業着、製図用具一式などです。

その他の費用

その他の費用として、以下のものがあります。
・学級費(在学期間中/年間)2万円
・後援会費(在学期間中協賛/年間)5,000円
・同窓会費(終身会費/入学時のみ)1万円
・卒業諸費(卒業年度のみ)7,000円
また受験や資格取得の希望に合わせ、別途受験料や費用がかかります。

海外研修旅行費

2年次の11月中旬に実施される、海外研修旅行の費用として約24万円+諸費用がかかります。支払いは1年次、2年次一括のほか、毎月の積み立てやローンなどもあります。

町田デザイン&建築専門学校の入試方法

町田デザイン&建築専門学校の画像

町田デザイン&建築専門学校の入試方法、入学までの流れについて説明します。

出願

出願方法には、一般入学、自己推薦入学、指定校推薦入学、学校推薦入学、AO入学があります。指定の出願期日までに、入学願書と必要な書類を揃えて町田デザイン&建築専門学校まで持参するか郵送で送ります。

受験票の発送

選考日の7日程前に発送されますが、選考日直前になった場合は電話で連絡があります。

選考

定員になり次第、募集が締め切られます。選考方法は、書類選考と面接試験です。

合否通知の発送

原則として、選考日より7日以内に本人宛に発送されます。

まとめ

町田デザイン&建築専門学校の建築系学科はインターンシップや実習が充実、町田市役所や町田市内を中心とした企業の協力により、実学実習で社会人としての即戦力を身につけることができます。少人数クラス担当制であることから、きめ細やかな指導が可能で、デザインが初めてでも安心して学べる環境が整っています。東京で建築学校選びに迷ったら、ぜひ町田デザイン&建築専門学校の建築系学科を検討してみてください。

【町田デザイン&建築専門学校】のHPを見てみる

東京の建築学校おすすめ一覧

イメージ
学校名スペースデザインカレッジ青山製図専門学校デザインファーム早稲田大学芸術学校設計学院アーキカレッジ
強み即戦力に結び付くカリキュラム、現役のプロが務める講師陣が魅力資格に非常に強く、卒業時には2級建築士の取得も可能「アトリエ建築設計事務所」への就職に強い奨学金制度が非常に充実「実践」に重点をおき、現場での授業が多い。
建築系学科
コース

昼間/夜間/通信含む
5コース


昼間・夜間含む
9コース


昼間・夜間含む
3コース

昼間2コース

昼間2コース
学費
(年間授業料)

約21~99万円

約34~76万円

約50~130万円

約58万円

約105万円
就職サポート

企業訪問、就職ガイダンス、個人面談

就職課によるサポート、OB懇談会など

ポートフォリオの作成、非公開求人情報など

早稲田大学キャリアセンターと連携したサポート

キャリアコンサルティング・履歴書添削など
学校アクセス東京1校
最寄り駅:池袋駅
東京2校
最寄り駅:渋谷駅
東京1校
最寄り駅:中野駅
東京1校
最寄り駅:西早稲田駅
東京1校
最寄り駅:新宿駅
学校住所〒171-0022
東京都豊島区南池袋2-27-8 南水ビル6F
【1号館】
〒150-0032
東京都渋谷区鶯谷町7-9
【3号館】
〒150-0031
東京都渋谷区桜丘町4-6
〒165-0026
東京都中野区新井1-6-5
〒169-8555
東京都新宿区大久保3-4-1
〒163-0632
東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル32階
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら